サイト作成>全体編>enterページは必要?

 サイトのインデックスページで、いきなりメニューが表示されるのではなく、「いらっしゃいませ」とか注意書きが書いてあり、メニューページへのリンクが張ってあるサイトって、結構あると思います。このリンクの張ってあるページのことを、enterページといいます。
 アクセスアップサイトで、「無駄!!」とまるで親の敵のように嫌われているenterページですが、同人サイトにおいては、結構必要なものなんじゃないかと思います。
 それは何故か。
 同人サイトはジャンル、カップリングによって、どうあっても人を選んでしまうものだからです。
 どんなに内容が素敵なサイトでも、その元ネタがわからないと、さっぱり理解ができない、というのはよくある話です。
 それに好きなジャンルでもカップリングが違ったり、「BL」を扱っていたりしていると「だめ」っていう方はいらっしゃいます。そういう出会いっていうのは、訪問する側も、訪問される側も悲しいものでしかないですから、enterページは必要だと思うのです。

注意書きに書くべきこと

だいたいこのあたりは基本として書いてください

なんだか当たり前といえば当たり前のことですね。
 よく「無断転載は禁止です」と書かれているサイトを見かけますが、これは書いても書かなくても自由です。注意されなくても「無断転載は当たり前のこととして禁止」ですので。
 また、「このサイトは日本語バージョンしかありません」ということを示すために「Japanease Only!」と書かれているサイトをために見かけますが、こちらは意図に反して英語圏の方には「日本人以外お断り!」ととられてしまう場合があります。よくお店とかで従業員専用のエリアに「Staff Only(従業員以外お断り)」とかいてありますよね? こちらの意味にとられてしまうことがあるのです。
 無用な誤解を生む可能性がありますのでこのような記述は避けたほうがよいです。正確に意味を伝えるとすれば、「This website is written in Japanease.」が一番誤解を産まない書き方であると思います。
 まあ、海外との交流を目的としていたり、海外のアニメなどを題材としていないかぎり、日本の同人サイトが日本人向けで日本語オンリーに作られているのはやはり「当たり前」ですので、こちらについても無理に書いておく必要はありません。

注意書きに書かない方がいいこと

注意書きに書いて、逆にお客さんを逃してしまうようなこともあります。

 荒らしに対する威嚇

 時々見かけるのですが、こういった注意書き。「荒らしは絶対に禁止です。当サイトで荒らし行為をされた方はプロバイダに訴えますので、そのつもりでお願いします」
 ……過去に何があったかは存じ上げませんが、少々落ち着いてください。
 荒らし行為をすること。それは注意書きに書くまでもなく「絶対禁止事項」です。世間の常識です。
 荒らしに対して、対策を持っておくことというのは必要ですが、特に注意書きなどで書くほどのことじゃありません。
 むしろ、そう書いていると、荒らしの人には「おう、やったろうやないか」と思わせる要因になります。一般の方にしたって、そんな威嚇的な表現を見かけたら、他の雰囲気がどんなによくても「このサイト、こわーい」と思ってしまいます。

 入室拒否!

 時折見かけて、びっくりする注意書き。
「このジャンルがわからない、嫌いって方は入ってこないでください」
 確かにenterページは、閲覧者をふるいにかける意味もありますけどね。
 それは言い過ぎです。
 人に、お願いをするときには、「肯定的な文章」を使うように心がけましょう。拒絶的な態度、否定的な文章は、入室条件にあう人であってもカチンときます。
 あまり角が立たない例文としてはこんな感じ。
「以上のジャンルにご理解のある方の入室を願います」
「上のジャンルがOKって方はこちらから入室してください!」
 ね?
 同じ、同志に対しての入室願いですけど、受ける印象がまるで違うと思いませんか?
 お願いは、肯定文で。人付き合いの基本です。

 「自己満足です」

 同人サイトは、人のつながりが大きいのであまり見かけませんが、ときどきあります。「自己満足です」「反論禁止」
 それは暗に「客はいらねえから帰ってくれ」と言っているのでしょうか?
 自己満足、ということは自己だけでで満足しているということです。他人から見えるインターネットという場所に置く必要も、もっと見てもらいたいとアクセスアップを図る必要もないでしょう。自分の頭の中で完結させていればいいだけの話です。
「反論禁止」も、「俺は人の話をきかない自己中心野郎だ!」と絶叫しているようなものです。
 ネットを使って発信する以上、自分の書いたものに関していろいろな意見が返ってくるのはあたりまえです。その覚悟がないのでしたら、そもそもネットで作品を発表するべきではないでしょう。

 命令、要求

 最近見受けられなくなりましたが、たま〜にあるのが「リンクは絶対ここに張って!!」「素通り禁止! 掲示板に書き込みして!」「絶対○○して!!」
 お客様にマナーを守ること以上のことは要求してはいけません。
 上の威嚇文にもつながるのですが、あまり強い口調で要求されると、お客様は引いてしまいます。
 お客様の立場にたってみましょう。素敵そうなサイトだけど、なんだか「ああしろ」「こうしろ」といっぱい書いてあってなんだか大変そう……しかもそうしないと怒られる? ちょっと見る気が失せますね。

 「ウィルス持ってこないでください」

 上の命令、要求の類似物です。
 最近、ウィルスがはやっているせいか、こういった文章もはやっているようです。……が。
 否定的でしかも命令口調、その上、警告の意味はあまりなく、サイトの雰囲気を悪くするだけなのでやめましょう。
 そもそも、この文章、誰に対して何をしてもらいたいのかがわかりません。
 ウィルスに自覚している人は、ウィルス駆除を行います。
 ウィルスに自覚していない人は持ってこないでくださいと言っても、多分わかりません。
 自覚してウィルスプログラムを持っている人は、クラッカーさん(ウェブ上で悪意のある悪戯をしかける人の総称)です。そう言われたら喜んで攻撃をしにいきます。
 そして何より、HPを参照されたからといってウィルスがうつるわけないじゃないですかー!
 HPにメールアドレスを掲載していることによって、ウィルスメールが舞い込むようになることは、ままありますが、そういう悪戯をするのは、十中八九クラッカーさんです。
 どうしても気になる、という場合はこういう注意書きを書くかわりに、アンチウィルスソフトの導入をすすめましょう。そっちのほうがずっと建設的です。

「最近ウィルスに感染する人が増えています。対策をしましょうね〜♪」
トレンドマイクロオンラインスキャン
ウイルスバスター体験版
ノートンアンチウイルス体験版

 拒絶をするよりは、お客さんがウィルスにかからないように誘導するほうが、ずっと建設的であると思います。
 え? かかった人からウィルスが送られてきて、自分が感染したら嫌だ?
 大丈夫です。対策さえちゃんとしておけば、ほとんどウィルスにかかることなんてないです。(アンチウィルスソフトなどで、ウィルスに対策をするのはサイト管理人でなくとも必ずやらなければならないことです)

こんなデザインのenterページは入りにくい

 enterページは、内容だけでなくデザインも重要だったりします。
 こういうのは説明するより見ちゃったほうが早いですね

 よくやりがちな失敗例です。(私も一度やりました)
 enterページにいろいろごちゃごちゃ書いてしまって、結局どこにenterがあるのやらさっぱり。とりあえず、入ってもらわないことには話がはじまらないので、enterの位置はなるべく中央。スクロールしなくていいところに置きましょう。大きさは大きい方が断然いいです。

入りづらいどころか荒らしを呼ぶenterデザイン

 サイトの注意書きが多い方にありがちな「説明を読まないとわからないenter」はあまりいいenterではありません。というか問題になることのほうが多いです。

 入ってくる人は、確かに説明文を読みますが、その読むときの目的が「注意を聞いてあげよう」から「enterはどこだ」にすり替わってしまって、結局注意書きの内容が頭に残ってくれません。
 というか、注意書きを読まない閲覧者を「だます」構成になっているせいか、ひっかかった善良な閲覧者が荒らしにジョブチェンジする可能性があります。
 結局注意書きは読まない人は読みません。そして、閲覧者の大半は注意書きを斜め読み程度しか見ていません(参考:トップページの注意書きぶっちゃけどれくらい読んでる?)あまり読んでもらおうと躍起にならず、「文句言われたときに対するいいわけ」程度に考えておくのがいいでしょう。
 以下は上の例のようなエンターページをなくそう!という同盟さん一覧です。ジャンルで一つで一つの同盟ができればいいほうのアンチ同盟ですが、ここまで多くの同盟が作られ、議論されています。それだけ、嫌っている人が多いってことですね。

補足 〜それ以前の問題なenterページ〜

 enterページは必要、と書いてきましたが、こういう場合は無駄、意味がないといったページを紹介しておきます。

 前者が何故いらないかはわかりますね。とりあえず絵だけ。……注意書きのためには必要ですが、何もないならつけない方がいいでしょう。内容見るのに手間が増えるだけです。
 後者は……。すいません、例のために作成したページですが、ご不快になられた方がいらっしゃったらすいません。
 悲しい出会いをしないためのenterページのはずが、そこに人によっては困ってしまうものを置いてはいけないです。BLとか18禁に限らず「ねたばらし」なんかも微妙にタブーです。(仮面の神官将の正体をやるまえから知った日にゃあ……)
 逆の話になりますが、特に誰が見てもかまわないようなトップページであり、ジャンルは固定でも内容に問題がなければenterページはわざわざ作らなくていいです。



戻るボタン リストボタン 次ボタン


ホームへ戻る



初版作成:2004/05/03
最終更新日:2006/12/26

Copyright © 2005 Sei. All rights reserved.