いますぐ高額融資が欲しい!安心してお金を借りる2つの方法とは?

高額融資を手に入れる応報

「今すぐお金が必要だけどどんな方法でお金を借りたら良いかわからない。」

 

この記事では即日にお金を借りたい人が審査無しでお金を借りたい人など、目的に応じたキャッシング方法をわかりやすくまとめました。

 

自分に合った方法を見極めて賢いお金の貸し借りをしましょう。

 

あなたはこんな悩みはありませんか?

 

  • デートだからお金が足りない
  • 週末ゴルフに行くからお金が足りない
  • 結婚の費用が大きすぎて貯金がつきそう
  • 家族にも相談できない
  • すでにブラックに登録されている…
  • 今すぐお金を借りないと子どもの教育費を払えない

 

本記事で紹介する解決方法は2つあります。

  1. 信用販売系カードローン
  2. 不動産担保ローン

 

高額融資が希望なら『信用販売系カードローン』

信用販売系カードローンとは、「主に信用販売を行う会社」として定義されています。また信販会社の「信販」とは、この「信用販売」を短縮した用語でもあります。

 

具体的にはショッピングクレジットやローンなどの業務を指します。

 

あまり聞きなれない難しい言葉ですが、消費者金融や銀行系とは異なる大きな魅力を持ったカードローンでもあります。

 

信販会社のカードローンと消費者金融・銀行のカードローンでは少し特徴が違います。信販会社の発行するカードローンは、銀行ローンと同レベルと言われるほど審査が厳しく時間がかかる反面、全体的に利息が低く、融資枠にもゆとりがるのが特徴です。

 

良い点は、信販会社系のカードローンは社会的な信用度が高いため、安心があるというメリットがある点。そのため、銀行や消費者金融のカードローン以外にも、お金を借りる選択しの一つとして、信販会社系のカードローンも考慮に入れておくと便利です。

 

どのくらいの期間で高額融資ができるの?

 

一般的に信販会社系カードローンは、最短即日で融資が受けられるものもありますが、融資までには2週間から3週間くらいは見ておく必要がある商品が大半となっています。

 

信販会社系カードローンの審査は、一般的には厳しめ、と言われているようです。特に銀行カードローンとはほぼ同水準の審査基準のようです。

 

あなたが銀行カードローンを申し込んだ際、ローンの審査に落ちてしまったら、やはり信販会社系カードローンの審査にも落ちてしまうことが多いのが現実のようです。

 

高額って幾らから融資してもらえるの?

信販会社は、消費者金融・クレジットカード会社と同様、貸金業者(お金を貸す業者)となります。そのため、信販会社の発行するローンは、年収の3分の1を超える貸し付けをすることを原則禁止する、総量規制の対象となります。そのため、収入のない専業主婦の方、学生、無職の方の利用はできません。

 

信販会社系カードローンの借入限度額は最大500万円程度に設定されています。ただし、借入可能額は審査によって決定されるため、希望どおりの金額を借りられるとは限りません。

 

信販系カードローンの申し込みから借入れまでは、1週間程度を見込んでおきましょう。「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメ☆

 

ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

持っている不動産があるなら『不動産担保ローン』

不動産担保ローンとは、所有する土地や建物などの不動産を担保に入れてお金を借りるローンになります。不動産担保ローンの借入可能額は、担保に入れる不動産の評価額によって決まることが多いです。

 

持っている不動産を担保にして融資を受けられるのが不動産担保ローン。一般的な無担保ローンより低めの金利で借りられるといったメリットがありますが、その一方でデメリットも。不動産担保ローンとはどのようなローンなのか?どのような長所・短所があるのか?金利はどのくらいかなど、不動産担保ローンについてまとめした。

 

不動産担保ローンのメリット・デメリットは?

多くの金融機関では不動産価格の下落に備えて、借入限度額を不動産評価額の80%に設定しています。不動産担保ローンのメリットは以下の3つです。

 

  1. まとまった額の借入れが可能
  2. 無担保の融資と比較して低金利で融資を受けられる
  3. 返済期間を長期に設定できる

 

不動産担保ローンのメリットは「まとまった金額を、長期間にわたって借りられる」こと。一般的な無担保ローンより金利が低めで、最長35年など返済期間も長く設定できるため、まとまったお金が必要になったときに上手に使えばとても便利です。

 

一方で、不動産担保ローンのデメリットは「時間と手数料が必要で、不動産を失うリスクもある」点です。また融資が実行されるまで時間がかかること。

 

一般的な無担保ローンの中には即日で融資を受けられるものもありますが、不動産担保ローンは早くても1週間程度、長ければ1カ月ほどかかるため、急にお金が必要になった場合には間に合わないことも。

 

また、事務手数料や抵当権の登記費用などの費用も必要で、金利が低くても「支払い総額がカードローンなどとそれほど変わらなかった」ということもあります。

 

しかし、返済が滞ると担保にした不動産が売却されてしまい、大切な不動産を失ってしまうリスクもあるので注意。不動産担保ローンは、事前に仕組みや特徴やメリット・デメリットなどを確認しておくことが大切になります。

 

不動産担保ローンと住宅ローンの違いについて比較します。

 

抵当権について

住宅ローンも不動産担保ローン同様に、お金を借りると不動産(購入するマイホーム)に抵当権が設定されます。返済期間も最長35年などと長く、ローンの仕組みは不動産担保ローンとあまり違いはありません。

 

ローンの用途

住宅ローンは住宅の取得資金に限定されています。一方で不動産担保ローンは、子どもの進学費用や親の介護費用、自宅のリフォーム費用など、不動産の購入資金以外にも利用できるが特徴です。

 

金利は?

住宅ローンは、お金の使い道が住宅の取得資金に限定されているため、住宅ローンのほうが低いのが良い点の特徴。反対に不動産担保ローンは、自由度が高い不動産担保ローンのほうが高くなる傾向になります。

 

不動産担保ローンのまとめ

住宅ローンを利用している不動産は金融機関が「一番抵当権」を設定しているため、住宅ローン返済中の不動産を担保にして、不動産担保ローンを利用するのは難しいでしょう。

 

しかし、住宅ローンの返済が進んでいる場合には、ローンの残高によっては不動産担保ローンを利用できることもあります。不動産担保ローンと住宅ローンの併用を希望する人は、金融機関に相談してみましょう。

 

不動産担保ローンを活用して資金調達するためには、不動産担保ローン特有の審査の流れや特徴を押さえたうえで、ご自身にに合った金融機関等にローンを申し込み、審査に臨みたいものです☆

 

「本当に本当にお金どこからも借りれないどうしよ」という方はトップページの詳細を確認してください。

 

私がおすすめしているカードローン会社を紹介します。

 

⇒「本当に本当にお金どこからも借りれないどうしよ」という方へ