誓のつぶやき>二次創作と著作権

 二次創作、パロディ、として作品を作ると、必ずついてまわるのが制作者の著作権です。
 オリジナルで活動をしているのでない場合、ほとんどの同人娘さんが考えなければならない問題と言えるでしょう。
 著作権って何? って方のために、そこから説明をしていきましょう。
 今現在、日本では(外国のほとんどでもですけど)何か作品を作ると、作品ができた時点で「著作権法」というもので、制作者の権利が保護されます。
 誰かが何か絵でも描いたとしますね? そうしたとき、絵を描いた本人以外は「この絵は自分が描いた」と言ってみたりその絵をまねした絵を作ってはいけないのです。そんなことをした場合国の法律でもって罰をうけることがあります。
 著作権法で保護されるものは、以下になります。

 文書演述図画建築彫刻模型写真演奏歌唱其の他文芸学術若は美術(音楽を含む以下之に同じ)の範囲に属する著作物の著作者は其の著作物を複製するの権利を専有す 文芸学術の著作物の著作権は翻訳権を包含し各種の脚本及楽譜の著作権は興行権を包含す
<<著作権法第一条第一項から引用>>

 難しいことになってるので、かみ砕いて言うと、文章、絵……などなど、およそ人間が知覚できる全てのものが保護されています。
(ちゃんと保護されているか監視するために、それぞれのジャンルで保護協会というものが存在しています)
 これらに対して「自分が作った」と主張してみたり真似をした作品を作ってみたり、(外国の文章であれば)翻訳をしたり、してはいけません。
 ここまで読んで、「あれ?」って思った方、結構いるんじゃないでしょうか?
 二次創作同人誌、同人サイトで作品として発表されている作品のほとんど……それは、元となった作品を模写したり、まねして書いたりしたものが始まりですよね?
 ええ、ばっちり著作権法にひっかかってます。厳密に言わなくても違法です。
 中には、作品をモチーフとした全く別の作品……ファンフィクションにまで昇華させたすばらしいものもありますが、一般的な同人サイトはこの引っかかる域にあると思って間違いはないです。
「じゃあ、もしかして、私達捕まっちゃう可能性があるってこと?」
 可能性はあります。この法律は「親告罪」といって、被害者が申告しないかぎり、犯罪として訴えられることはないですけど。
 それでなんでほとんどの同人娘さんたちが訴えられないかというと理由があるからです。

 って、こんなかんじでしょうか。利益があることに、企業は寛大です。(といっても、国際的アイドルネズミの会社とか、国民的アイドルネズミの会社とか、未来から来た猫型ロボットの会社とかは厳しいですけど)
 しかし、忘れないで欲しいことが一つ。上の理由で、企業は同人活動を黙殺してくれてはいますがどの企業でも建前はやはり「著作権侵害は絶対禁止」です。「やっていいよ」とお墨付きをもらったわけでは全然ないのです

やっていいことと、悪いこと

 じゃあ、サイトの活動として、やっていいことと悪いことって何なんでしょうか?
 それがわからないと、気をつけようがないですよね。

ホワイトゾーン(やっても著作権に触れないもの)

 作品についての、批評、感想といった意見を発表することは、著作権に触れるどころか言論の自由として守られている基本的な権利です。
 よくあるコンテンツとしては、映画や漫画、ゲームなどのレビューがこれにあたります。
 ただし、作品発表直後の作品に関してのあらすじの説明、オチのネタばらしなどは注意を受ける可能性があります。(あらすじを書くということも、著作権的には二次創作と判定されることがあります)
 三番目の出展を明らかにした引用、というのはですね、上で私が著作権法の文章を持ってきているじゃないですか。ああやって、他人の文章の一部をコピペして持ってきて、「これについて私はこう思うんだけど」と意見を述べることをいいます。
 ここで重要なのは、文章を引っ張ってきた、作成もとを明らかにしていること。「こちらの人が作った文章です」と明らかにしている場合は著作権法に触れません。
 ただし、曲解して、小説などの他人の文章を全てコピペして持ってきて、少しだけ意見を述べる……そんな形の文章である場合は「全文引用」として、単に無断で全て転載したのと同じ扱いを受けることがあります。(これも違反ですね)

グレーゾーン(やったら怒られるかもしれないけれど、割と放置されているもの)

 一般的な二次創作同人サイトのコンテンツですね。
 これは、著作権法的にばっちりまずいです。が。前に言った理由で日本企業に限っては表向き「著作権侵害に対しては罰します」としながら実情では「ささやかな同人活動は黙殺」としています。
 しつこいようですが、本当に「黙殺」されているだけなので「企業が言ってこないってことは認めてるんじゃない?」と勘違いしてオフィシャルサイトで同人活動をしていることを伝えたり、作家さんに同人誌を送りつけたりしてはいけません。黙殺したくてもできなくなりますので。

グレーゾーン補足〜このジャンルはささやかな活動でも黙殺してくれない〜

 上で書いたように、日本の企業であれば、大抵黙殺してくれる活動ですが、中にはものすごく厳しいジャンルがいくつかあります。有名なのは以下のもの。

 昔々に著作権でディズニー自身がひどい目にあったせいか、ディズニーは、子供の落書きや、お父さんの日曜大工にまで訴訟を起こします。うっかりキングダムハーツのキャラ(ソラ君とかね)を描いてページに載せようものなら、ものすごい金額の賠償金を請求されます。
 芸能人ファンサイトや、テレビドラマ、映画に対するファンサイトに関しては、実際の人物がこの世に存在しているということでとてもデリケートな扱いになります。
 芸能人自身のイメージも商品ですし。
 これは著作権というよりは、肖像権、人格権、パブリシティ権の侵害、と言うほうが正しいですね。(似顔絵も、パブリシティ権の侵害になります)
 有名なところ、ということで、上記二つをあげましたが、その他にも厳しいジャンルはいろいろあります。
 ただ、ジャンルによって厳しさがまちまちすぎて、私にも全ては言及できません(全部は無理ー!)
 とりあえず、活動を行う前に一度オフィシャルサイトにアクセスしてみて、企業側がどういった姿勢を持っているかを確認してから始めましょう。あとジャンル全体の動向もね。

ダークグレーゾーン(特に訴えられる可能性が高いもの)

 ささやかな同人活動については黙殺してくれている日本企業も、以上のような作品を発表した場合には、よっこいしょ、と重い腰を上げることがままあります。
 企業には、企業イメージ、作品にもイメージってものがありますので、それを著しく害するような作品に関しては、断固とした姿勢をとることがよくあります。
 有名なものとして、同人活動に対してずっと沈黙してきた任天堂がポケモンのエロ同人誌を発行していたサークルを訴えたという事件がありました。
 やっぱ、子供むけのクリーンなイメージのものでそう言う物作っちゃだめてことですねぇ。
 うちのサイトでは、「宣伝編」でSEOを推奨していますが、こういった作品を扱っているサイトさんは、むしろ逆SEOを推奨します。
 うっかり企業側に知られるとえらいことになりますし、リンク集から、他のサイトさんへ芋づる式に余波がいきかねません。
 やるなとは言いませんが、こっそり同士だけのネットワークを形成して楽しんでください。

真っ黒けゾーン(絶対やるな!!)

 ウェブっていうのは、結構画像や音楽、文章のダウンロードが簡単にできてしまうので、感覚が麻痺している方がいらっしゃるようですが、著作権法の基本の基本として、他人の作品を自分のサイトにのっけるのは御法度です。
 オフィシャルサイトなんかは、それでお金もらってるクリエイターがいますし、芸能人も同様。
 他人のサイトのコンテンツを持ってくるっていうのも、あんた仲間に何やってんのさ、という感じで、著作権以前のモラルの問題が生じています。
 あと、歌詞、音楽に関してはJASRACという協会が本当に厳しく取り締まっているので、見つかったら即サイトが閉鎖になると思っていいです。(ワンフレーズでも、権利を主張されます)
 この間、ニュースを見ていたら、JASRACが二万件以上の違法サイトを閉鎖させた……と、著作権が守られたいいニュースとしてトピックスになってました。
 っていうかですね。
 作品や情報を配信する側の人間の基本として、
 サイトコンテンツぐらいは自分で作りましょう

補足その1〜まあ奨励してるジャンルもありますけどね

 いろいろ厳しい著作権ですが、こういうときはむしろあっけらかんと楽しんでしまいましょう。
 同人をしている、ファンサイトを作っている層が主なファン層であるジャンルでは、奨励している場合なんかもあります。
 有名なところではデ・ジ・キャラットのブロッコリー(ただしエロはダメ)、ラグナロクオンラインとかでしょうか?
 マイナーどころですが、「暴れん坊プリンセス」のアルファシステムさんなどではファンサイト用にWeb素材を配布されていたりします。さすが説明書に、同人誌を見てみたいとまで書いてただけはあります。
 なので、規約を守ればこんな風に貼り付けOK(ルージュ姫大好きさーv)


 寛容なジャンルである場合は、規約を守って、明るく楽しんでいくのもいいと思います。

補足その2〜こんな抜け道もありまする〜

 でもでも、書評サイトや、映画評を行っているサイトさんなんかで、「絵は描けないんだけど、サイトを華やかにするために、どこからか画像を持ってきたいよ〜!って方、いらっしゃいますよね。
 そういう方にお勧めなのが、アフェリエイト契約。
 企業と契約して、自分のサイトに広告を載せ、もしその広告を見たお客さんが、リンクをたどって商品を買うことがあれば企業からお金をもらえるというシステムです。
 単にその広告を見て、クリックをした、というだけでもお金が(といっても相場は1〜2円ですが)もらえる場合もあります。
 これがどういいかといいますと、楽天やアマゾンと契約をした場合、企業側で使われている商品のオフィシャル画像が自分のサイトで使用OKになるということです。
 そう! 契約さえできれば、自分のサイトにオフィシャル画像貼りまくりできるってことなんですよ!!
(実は、うちのサイトで使っているウィルスバスターなんかの画像は、その契約で手に入れたものです)
 一応、審査がありますので、それだけちゃんと受けて、やってみてください。おすすめですよ〜。

もし、企業から訴えられたらどうしよう?

 最後に、もし企業から訴えられたときの対処法について。
 企業が、同人活動をしているサイトに対して、活動を停止させたい場合は、まず訴えるのではなく、注意勧告がきます。
 それでも言う事を聞かなかった場合に、裁判ということになるのですが、9割がた、同人側に勝ち目はありませんので、注意勧告がきた時点でおとなしく企業側の注意に従いましょう。
 ただ、企業を装った悪質な嫌がらせである場合もあるので、その勧告を行った人物が、本当に企業の人であるのかどうか確認をすることをお忘れずに。

参考資料

戻るボタン




ホームへモドル



初版作成:2004/08/09
最終更新:2005/01/08

初版作成:2004/06/05
最終更新日:2005/03/12

Copyright © 2005 Sei. All rights reserved.